胸をはれる仕事がしたいなら日本ロール製造

胸をはれる仕事がしたいなら日本ロール製造

学生のときはいろんなことを考える。
将来どのような仕事に就きたいかなど。
その中に日本ロール製造の事業が入っているだろうか。
ちょっと目立たない仕事をしているがゆえに、この会社のことを考える人は少ないかもしれない。
目立つ企業、目立つ業界、新規産業、もしかしたらベンチャーなど。
確かにそういった企業、業界、ベンチャーに魅力はあろう。
しかし、日本ロールのような目立たないからこそ重要で、縁の下の力持ちのような仕事をしているからこその魅力にも注目したい。
新しい業界、新しい産業は確かに、冒険にあふれ、危険もあるが魅力もある。
よく言うハイリスク・ハイリターンに見える。
では、日本ロール製造のような目立たない企業、業界にはハイリスク・ハイリターンの仕事は無いのだろうか。
こういった硬い、堅実な企業、業界だからこそのブレークスルーは存在するし、マンネリはやはり嫌われるので同じ仕事をしているはずが無かろう。
つまり、ハイリスク・ハイリターンの仕事は常に存在するはずである。
この会社、目立たないからこそ、目立って欲しいと思うのは私だけだろうか。

工業近代化を支えてきた日本ロール製造

工業近代化を支えてきた日本ロール製造

日本の工業近代化を支えてきたという謳い文句の日本ロール製造をちょっと調べてみました。
工業近代化とは何をさすのかというと、若干人によってばらつきはあろうが、第一次産業から第二次産業に労働人口が移動する工業化が、近代化、つまり、軽工業から重工業へと広がりを見せ、自動化、蒸気力の発展等による工場の大型化、都市部への移動などがあろう。
そのなかで重要と考えられるのは、この会社が製造してきた塩化ビニルパイプ、ゴム・プラスチック・金属成型加工用ロール等であろう。
上下水道の完備は言うまでも無く近代化の重要な一歩であろうし、材料の加工に金属ロールが使われているのはメディアで目にすることも多い。
こういった会社は製品自体が地中に埋まっていたり、巨大な工場の機械だったりするので、一般の人が目にするところにブランド名が書かれていたりということはなく、黒子に徹しているので目立たない。
しかし、こういった目立たないが、製品の信用、信頼度が重要視される会社こそ、メード・イン・ジャパンを世界中に知らしめた会社といえるのではなかろうか。
日本ロール製造という会社、もっと注目していいかもしれません。

会社は社員こそが重要、だからこそ、日本ロール製造はすごい

塩ビパイプ、金属ロールを製造している日本ロール製造だが、官民問わず受注はあるだろうし、製造物の精度は年々厳しさを増してくるのは想像に容易いので、かなり大変な仕事をしており、社員の心理面を心配してしまう。
しかし、この会社がすごいのは、こういった大変重要な仕事をしているのに社員定着率が高く、直近5年以内で辞めた新任社員はいないらしい。
最近、春になると、「最近の新人は根性が無い」とか、「新入社員がすぐ辞める」いう声が聞こえるが、日本ロールのような会社を知らないのではなかろうか。
最近の新人は根性が無いのではなく、新人を根性論で育てようという考え方や、すぐ辞めてしまうような扱いをしているからではなかろうか。
どこの国の会社でも変わらず言えることは、社員は一番の財産であることである。
社員を大事にする会社は当たり前なのではなく、現代では、奇特なのかもしれない。
日本ロール製造は社員を大事にしているのであろう。
日本ロール製造が貢献できること
仕事の内容もそうだが、社員を大事にするという基本的な意味でもこの会社は日本にとって重要なのかもしれない。

少しでも安く家を借りたいのですが

少しでも安く家を借りたいのですが

最近は住宅供給が安定し、貸主よりも借主のほうが優位になっています。
そのため、当初の家賃よりも値引きを交渉すると不動産会社はオーナーに値引きに応じないと昨今の事情では中々借主が見つからないというケースもあり、更に数千円分の家賃を下げることがあります。
それでも空き家で置いておくよりは少々家賃を下げても安定して入居してくれるほうがオーナー側にとってもメリットがあるのです。
賃貸において借主は一時金以外に今後の家賃や共益費など毎月必要となる金額が発生します。
安定した収入がある人はいいのですが、フリーターや日当などの場合はなるべく毎月の出費額を抑えたいものです。
親から仕送りしてもらっている学生さんで雨風さえしのげればという人もいます。
そういう時に目に入ってくる仲介手数料無料の文字はまさに救世主のようで、その条件でない物件は選ばないようにしようという心理にさえなるでしょう。
手数料を払ったからと言って何か得するわけでもなく、なるべくなら仲介手数料無料のほうが助かります。
さらに数ヶ月間のお家賃を無料にしてくれる「フリーレント」を設けている賃貸物件もありますので当座の費用としてはかなり抑えることができるでしょう。

同じ物件でも仲介手数料無料と要るところがありますか?

同じ物件でも仲介手数料無料と要るところがありますか?

仲介手数料無料というのはとても魅力的です。
賃貸物件をお探しの方、新築物件をお探しの方、どちらも一ヶ所、二ヶ所回った程度で決めることは少なく、日数的にも掛かるものです。
数ヶ所の不動産会社を回っていくとA社で出ていた物件がB社でも出ている、さらにC社にも載っているというのは珍しくはありません。
オーナー側も一日でも早く借手、或いは買手を見つけたいので数社の不動産会社に物件案内をしてもらっています。
では同じ物件でも家賃、諸経費を合計すると金額が違ってくることがあります。
仮に別の業者で見た物件は仲介手数料無料だったのにこちらは要るというケースもあります。
でも業者的にこちらのほうが相性的にいいということもありますよね。
そういう時は思い切って「○○不動産で見た同じ物件の仲介手数料は無料だったのですが」と問いかけてみましょう。
全てのケースにおいて該当するわけではありませんが不動産会社としてもライバルには負けたくありません。
早く借手、或いは買手を見つけるほうがいいので相談に応じてくれるケースもありますので諦めずに値引き交渉を行いましょう。

仲介手数料無料と仲介手数料不要の違いはなんですか?

仲介手数料無料と仲介手数料不要の違いはなんですか?

日本語って難しいですよね。
なんとなくは伝わるものの曖昧な表現ってその人の解釈の仕方によって意味が違ってくるかもしれません。
仲介手数料無料と仲介手数料不要の違いとは、どちらも仲介手数料が掛からない、ゼロ円で済むので買主(借主)としては同じ意味になりますよね。
では意味は同じでも何故このような言葉のニュアンスを分けるのでしょう?
一般的に物件は売主(貸主)と買主(借主)を取り持つ役目として不動産業者が仲介をします。
その仲介をした手数料として仲介手数料が発生するわけですが、では何故これが無料や不要のような表現をするのでしょう。
仲介手数料無料とは不動産会社が買主(借主)から仲介手数料を取らないケースを言います。
そして仲介手数料不要というのは売主そのものが不動産業者である場合です。
その場合は仲介することにはならないので無料と表現するのではなく不要というのです。
細かい表現の違いはあるものの買主、借主にとっては少しでも手頃でよりよいサービスを求めるのが心情であることには変わりありません。

仲介手数料が無料でもサポートは大丈夫ですか?

仲介手数料が無料でもサポートは大丈夫ですか?

昔からタダほど怖いものはないと言いますよね。
金額を値切って安くしてもらえる分にはいいのですが最初から無料と聞くと得をした気分になる以前に何か裏にあるのではないか?
と疑ってしまいたくなる心理になります。
勿論ものによっては無料で済んだと素直に喜べるのですが物件ともなると生活空間そのものですので買ったはいいがその後のサポートはどうなるのだろう?
と不安になるのも当然と言えるでしょう。
全ての不動産会社で仲介手数料無料でもサポート面で充実しているか?
と言えば100%大丈夫ですと断言するのは難しいかもしれません。
業者によっては仲介手数料無料と銘打って名目を変えて報酬を請求するところもごく一部ですがあるようです。
また仲介手数料は家賃の額が高ければ高いほど恩恵を受けるわけですが必ずしも賃貸に限るのではなく新築一戸建ての仲介手数料は無料としている不動産会社もあります。
この場合ですと金額にして100万、200万と掛かってきますので半端な額ではありません。
しかし仲介手数料無料のサービスを行ったとしてもサポートが劣っていたらお客さまからのクレームが殺到し、評判が落ちる、会社の信用を無くしてしまうという悪循環となります。
それでは元も子もありませんのでサポートの質を落とさずに仲介手数料無料としているのです。

少しでも安く次の物件を借りる方法

少しでも安く次の物件を借りる方法

家を借りるには労力を要しますよね。
次の物件探しから始まり、物件が決まれば今度は引っ越し作業です。
ある程度計画性を持って動かないと後で後悔することになりそうな家探し、一日二日では到底終わるものではありませんので時間に余裕がある場合はインターネット上の不動産物件で予備知識を持ったうえで、現地の不動産会社を回るといいでしょう。
中でも最近目につくのが仲介手数料無料物件です。
仲介手数料とはその名の通り、お部屋探しの際に不動産業者に手数料として払うお金のことで通常、家賃の半月~1ヶ月分の物件が殆どで家賃が高ければ高いほど仲介手数料無料の恩恵は大きくなります。
お部屋選びには敷金、礼金、引っ越し代などの初期費用が掛かりますので仲介手数料無料の物件を見つけ、更に初期費用をもっと抑えるには引っ越し代を安くするのです。
引っ越し料金の内訳は運賃、人件費、梱包費、保険料、付帯サービスなどがありますので数社から見積もりを取り、梱包を自分でする、引っ越し荷物を少なくして軽トラックや自家用車で運ぶことができたら随分と安くなります。
仲介手数料無料を条件に探す
また繁忙期を外し、引っ越し日程を調整することによって通常料金のアップを控える、値引き交渉をするなど物件の仲介手数料無料に加えて少しでもお得に新居を迎えましょう。

転職するなら、施工管理技士の資格があれば有利です

転職するなら、施工管理技士の資格があれば有利です

新卒で就職するときにもそうですが、仕事を探す時には、何らかの資格を持っていると有利になります。
特に、施工管理技士など専門的な知識が必要なものは、転職の際でも、有利に働きますよ。
採用時にも、その後の給与面でも、資格があるのとないのとでは、大きな違いがあるようです。
今、お仕事をされているところで、何か資格が取れるのであれば、今後のことを考えて、いろいろと取得しておきましょう。
施工管理技士の方が転職される時には、持っている資格が有効に使えるところを探すと思います。
経済は不況だと言われていますが、都市の再開発のような大きなプロジェクトも数多く進行中です。
そういった大きなプロジェクトに参加している企業では、即戦力となる人材を募集しています。
建設会社のホームページでも募集要項が掲載されている場合もありますので、施工管理技士の資格をお持ちで、転職を考えている方は、一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

施工管理技士で転職をお考えの方へ

施工管理技士で転職をお考えの方へ

建設業界で、施工管理技士として働いている方なら、一度は転職を考えたことはあるのではないでしょうか。
他の会社の方が待遇が良さそうだなぁと思ったり、全く別の業種も体験してみたいなぁと思ったり、きっかけは何にせよ、ふとそんなことが頭をよぎることもあったかもしれません。
それを実際に行動に起こすかどうかは、あなた次第ですが、もし、新しい仕事に向かって挑戦してみたい時には、インターネットの情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?施工管理技士の資格を持っている方専用の転職支援サイトもありますよ。
そこでは、新しい職場探しのお手伝いをしてくれるスタッフがあなたの相談に乗ってくれますよ。
的確なアドバイスを受けることができると、安心して次のステップに進むことができますね。
施工管理技士など、手に職のある方は、どんな職場でも活躍することができるのではないでしょうか。
是非、あなたに合った職場に転職できるよう頑張ってくださいね。

キャリアアップのため、転職する施工管理技士の方が増えています

今、働いていて、やりがいを感じることはありますか?このまま、この会社で定年まで働くのかな、などと思うこともあるかもしれません。
施工管理技士など、資格の必要なお仕事をされている方は、転職することでキャリアアップできますし、新しい職場を探してみるのも良いのではないでしょうか。
このご時世、新しい仕事を探すのって難しいのでは?と思われるかもしれませんが、有資格職だと、探せばいくらでも見つかるのではないでしょうか。
特に、建設業では、優秀な人材を求めています。
施工管理技士の資格をお持ちで、実務経験の豊富な方であれば、即戦力として重宝されますよ。
今、持っている資格以外のものも新しい職場での経験を活用して取得することもできるでしょうし、人生何事も挑戦!と思ってチャレンジしてみませんか?不況だと言われながらも、全国各地で都市の再開発がおこなわれています。
施工管理で良い所に転職するには
施工管理技士の方の転職は、今がチャンスかもしれませんよ。

テント倉庫とはどんなもの

テント倉庫とはどんなもの

テント倉庫というとどんなものを思い浮かべますか?テントのイメージは、子どもの頃の運動会で偉い人やお年寄りが座っている来賓席の上に日除けで建てられているようなもの。
または野山のキャンプでの泊まりに使うもの、くらいではないでしょうか。
でも、このテントは、意外にも身近なところで活躍していることが多いのです。
例えば、にわかには信じられないかもですが、ドーム型の球場の伸縮式の屋根というのは大抵がテント式です。
あんな大きいものがテント生地でできているの?と不思議になりますね。
でもテントで使用されている生地は昔に比べ性能が向上し、あらゆる場面で使用されるようになっています。
今では工場などの保管用の倉庫はほとんどこのテント式です。
それぞれの現場によって必要な条件は変わりますので、注文をすると、ヒアリングの上、メーカーの人が必ず現場調査に来ることになっています。
その上で、発注しようとしているタイプのテント倉庫がマッチするかどうかの判断をします。

大切な労働空間であるテント倉庫

もちろん、テント倉庫にはさまざまなタイプが用意されています。
多くの在庫を管理しなければいけない現場では大型テントが必要です。
常時、どのくらいの荷物があるのかを判断し、それを収納できるテントを提案します。
人だけでなく車やフォークリフトが行き来する空間にテントを設営し、在庫の管理も一目でわかるように、などの相談にも乗ります。
そして、それは固定式がいいのか、伸縮式がいいのか、換気はどのような方法で行うのか、出入口の方式をどうするのか、最善のものを提案。
つまり、顧客が希望するからそれをそのまま納品するということではなく、そこの環境や状況に合ったものを全力で考えてその理由を説明した上で設営にかかるという流れです。
もちろん、予算がある上での話であることなので、それを無視して進めるわけにはいきません。
その予算の中でできるだけのことをするのが基本です。
テント倉庫というのは、顧客の大事な商品や労働力を守る大切な空間ですから。

耐用年数があるテント倉庫

最近テント生地で作られているもので、テント倉庫とともに多くなっているのが荷捌き場テントというものです。
その名の通り、荷物を搬入したり、搬出したりする場所の上部に取り付けられているあれです。
倉庫は、その中で常時、作業を続けることが多いのに対し、荷捌き場の場合は、一時的な作業が多いので、トラックやフォークリフトがつけやすいよう片側が開きっぱなしなど外部と行き来がしやすい構造になっていて、夏季はテント倉庫に比べて温度の上昇がない分、作業効率は高いものになります。
逆に冬場は吹きさらしになるので長時間の作業には不向きですが、雨は凌げますので、作業する方の体温低下を防げます。
倉庫、荷捌き場、いずれにしても、テントの耐用年数はだいたい15年と言われています。
テント生地はやはり布製であるので、半永久的に使用するのは不可能です。
テント倉庫を組み立てる
テント倉庫内の在庫商品を守るという意味でも、メーカーによる定期的な検査と、耐用年数ないでの交換を心がけてください。